ひなまつり祝い菓子    ひなまつり祝う白酒    ひなまつりパーティ

喜ぶプレゼント ひなまつり

ひなまつりのプレゼント!ひなまつりに贈ると喜ばれるプレゼント特集!喜ぶプレゼントは?

3月3日女の子の健やかな成長を願うひなまつりに贈ると喜ばれるステキなプレゼントをご紹介。ひなまつりを迎える女の子の年齢をクリックしてくださいね。

   

女の子のお祝い「ひなまつり」はいつ始まったの?ひな祭りの歴史を知ろう!

ひなまつり「ひなまつり」はもともとは、中国から伝来した五節句のひとつで、江戸幕府によって定められました。

古来中国で旧暦3月の最初の巳の日(3日)は、邪気に見舞われやすい日といわれており、宮中行事として、この日に川でけがれを祓(はら)う曲水の宴が行われていました。
この中国の『上巳(じょうし)の節』と、人形を使ったおままごとの「ひいな遊び」が結びつき、3月3日にひな人形を飾って女の子の健やかな成長を願う「ひなまつり」に発展しました。

ひなまつりはちょうど桃の季節であったことや、桃には邪気払いの力があると信じられていたことから、「桃の節句」とも呼ばれるようになったのです。

ひなまつり(桃の節句)にはなぜ雛人形を飾るのでしょう?

ひなまつりひな人形にはふたつのルーツがあります。

ひとつは紙や草で作った人形で、これを「ひとがた」「かたしろ」といいます。中国で3月上旬の巳の日に川で身を清めて厄をはらう「上巳節(じょうしのせつ)」という行事があり、幼児の枕元など身近なところに置かれ、災害や魔除けあるいは身代わりとして飾られました。後の立雛=ひな人形によく似ています。

もうひとつのルーツは、「ひいな遊び」という人形遊びです。平安時代に、宮中や貴族の幼い姫はもちろん、成人した女性の間でも紙の人形でおままごとをする「ひいな遊び」が盛んでした。「ひいな」とは「ひな」の古語で、ちいさくてかわいいと言う意味です。少しずつ調度品(ひな具)も加えられました。

この二つのルーツが一緒になり身代わりにけがれを移した人形を川に流す「流しびな」となり、時代と共に川に流さず家に飾るようになり、江戸時代に3月3日が「上巳の節句」「桃の節句」と定められると、貴族の間で豪華なひな人形や段飾りが飾られるようなりました。

女の子が生まれるとその娘にひな人形を用意し、不幸はその娘の身代わりとなって人形に受けてもらい、健やかに成長しておひなさまのように幸せが訪れることを願うようになったのです。 

 

 

 

 

Copyright 喜ぶ プレゼント通販.com 2012 All Rights Reserved.