喜寿祝い!上品湯呑み     喜寿祝いにやわらか座椅子     喜寿祝う特選和菓子

喜ぶプレゼント 喜寿

喜寿のお祝いプレゼント!喜寿に贈ると喜ばれるプレゼント特集!喜ぶプレゼントは?

おじいちゃん・おばあちゃんの喜寿のお祝いに贈って喜ばれるプレゼントを紹介しています

   

喜寿のお祝いとは?

喜寿とは「77歳」またはその年齢をいわう祝いのことです。
66歳や55歳はないのになぜ、77歳を喜寿としてお祝いするかと言うと、喜寿は初めに文字ありきで、「喜寿(きじゅ)」の漢字が草書体や略字にすると、漢数字の「七」を3つ合わせた(上に1つ、下に2つ)形になり、「七十七」という文字に見えるところから、数え年77歳のことを「喜寿」と言い、長寿をお祝いするようになったのです。
喜寿祝いとは、77歳をお祝いしようと喜寿という名前をつけたのでhsなく、喜寿という感じが77に見えるから77歳、なのです。
ちなみに喜寿以降の長寿のお祝いは日本独自のものだそう。

喜寿のお祝いに使うのはどんな祝儀袋?

喜寿祝プレゼント

喜寿を含めた、ご長寿祝いの祝儀袋の水引は、紅白あるいは金銀の蝶結びのものを使います。この時に結婚式と同じ「結び切り」を選ばないようにしましょう。

一応このようにマナーとして言われてはいますが、長生きしてくれてありがたい祝いの喜寿なので、大好きなおじいちゃんやおばあちゃんなら、好みを考えて最近はやりのカラフルで華やかな金包みを使ってもいいのではないでしょうか。楽しいほうが何事にもいいものです。

喜寿のお祝いの会に呼ばれたなら、祝儀袋の表書きには「祝喜寿」と書きます。 このほか「長寿御祝」 「寿福」なども使われます。

水引の下には、贈り主の名前を書きます。個人の場合は中央に姓名を、連名の場合は、水引の下中央から左に目上から順に書きます。子供一同や孫一同と書いてもよいでしょう。

 

 

 

Copyright 喜ぶ プレゼント通販.com 2012 All Rights Reserved.