端午の節句祝い!お菓子セット  端午の節句祝いに知育玩具   端午の節句祝いキッズシューズ

喜ぶプレゼント 端午の節句

端午の節句のプレゼント!端午の節句のお祝いに贈ると喜ばれるプレゼント特集!喜ぶプレゼントは?

5月5日の子供たちが元気に育つよう願う「こどもの日」、男の子が強くたくましく成長するよう願う「端午の節句」に贈ると喜ばれるステキなプレゼントをご紹介。
端午の節句を迎える男の子の年齢をクリックしてくださいね。

   

男の子のお祝い「端午の節句」はいつ始まったの?端午の節句の歴史を知ろう!

端午の節句 端午の風習はかなり昔にさかのぼり、 紀元前3世紀の中国「楚」で始まったとされています。

「端午の節句」の端午(たんご)ですが、「「端」には「初め」という意味があり「午」は五と同音、このことから「初めの午の日」と言う意味で、毎月5日のことを大昔には「端午」といっていました。

中国三国時代の呉、西晋の武将の周処(しゅうしょ)による『風土記』に、端午についての記録があるとされ、端午当日は野原に出かけ、薬草をつんで絹糸を肩に巻きつけ、病気から身を守り、邪気を払うと考えられていたヨモギで作った人形を飾り、また邪気を追い払うためと、菖蒲を門にかけていたと言われまています。

日本で「端午の節句」が始まったのは鎌倉時代より以前で、
五月忌み(さつきいみ)という、男性が家の外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって、田植えの前にけがれを祓(はら)い身を清める儀式と、中国から伝わった端午と結び付けられたと言われています。
なんと、日本では端午は元々女性の節句だったのです。

 

端午の節句にはなぜ柏餅(かしわもち)を食べるのでしょう?

こどもの日「端午の節句」は元は中国から伝わった行事ですが、柏餅(かしわもち)を食べるのは日本独特のものです。

柏餅をつつむ柏は昔から神木とされていたことや、新芽が出ないと古い葉が落ちないので「子供が生まれるまでは親は死なない」、すなわち「跡継ぎが途絶えない」「子孫繁栄」に結びつけて考えられたため、端午の節句の縁起のいい食べ物として食べられるようになりました。

かしわ餅には、柏の葉を外表に巻いているものと、中表に巻いているものがあります。これは小豆あんのときは外表に、味噌あんなら中表に巻くなど、中身の違いを表しているそうです。

 

 

 

端午の節句祝い!お菓子セット  端午の節句祝いに知育玩具   端午の節句祝いキッズシューズ

Copyright 喜ぶ プレゼント通販.com 2012 All Rights Reserved.